前へ
次へ

交通事故で事故証明はどうやって取得するか

交通事故には自分が加害者になるとき、被害者になるとき、どちらでもあるときがあるでしょう。
歩行者として歩いていて車と接触すれば被害者になり、逆に運転しているときに人に接触すれば加害者になります。
車同士だと過失割合はあるでしょうが通常は100パーセントどちらかが悪いとならずどちらにも一定の非があるとされるようです。
色々なケースにおいては損害賠償などが必要になり、そのための証拠を用意しないといけないときがあります。
交通事故が発生した後にその事故の証明を取得するにはどうすればいいのかを知っておきましょう。
事故後に警察が色々な書類を作成してくれるので警察に行けばいいと考えている人が多いですが、警察に直接申し込むことはできません。
交通事故証明書は自動車安全運転センターが情報を管理しているため、そちらに申し込む必要があります。
ネットからでも簡単に申し込めますし、警察署や交番などで申請用紙をもらえばそちらで手続きができます。

Page Top