前へ
次へ

子どもでも加害者になる交通事故

交通事故は車に乗っている時に限定されることではありません。
子どもでも加害者になることがあるので、子どもにもしっかりと交通ルールを理解させる必要があります。
理解できない年齢であれば、まだ自転車を利用させるのは早いということになってしまいます。
実際、子どもが自転車に乗っていて、前方を見ておらず、歩行者にぶつかって転倒をさせてしまい、命を落としてしまったという事故もありました。
子どもだからと言って、免責されることではありません。
自転車だって交通事故を起こすことがある、自分の加害者になってしまうことがあるということを理解させなければいけません。
今は自転車のための保険も販売されているので、頻繁に自転車を利用するということであれば、保険の加入も考えておくとよいでしょう。
そうすることによって交通事故を起こした場合でもしっかりと保証を受けることができるので、子どもでも安心をして自転車を利用することができるでしょう。

Page Top