前へ
次へ

交通事故を起こした時に考える事

車やバイクを運転していると、不注意などから交通事故を起こしてしまうことがあります。
事故事態は別に珍しいわけではなくて、車同士が接触する事故だと全国各地で起こっています。
ただ、事故を起こした後に適切な対処をしなければ最悪逮捕される可能性もあるので事故を起こした後が肝心です。
まず、事故を起こした場合は冷静になり自分が何をしなければいけないのかを考える必要があります。
もし、自分の車が他の車などに接触した場合だと自分や家族の状態だけでなくて、相手方の状況も確認する事が重要です。
自分が軽傷だった場合は、まず同乗者の安否を確認して次に相手方の安否を確認します。
当然、誰かが怪我をした場合は、救急車を呼ぶ必要があり、警察にも連絡するようにします。
交通事故による怪我は、重体や重症の人も出てくる事があるのですぐに救急車に連絡するのがおすすめです。
ただ、軽い事故で誰も怪我をしていない場合は、別に救急車を呼ぶ必要はないです。
ただ、どのような事故でも警察には連絡をして待機するようにします。
自分の不注意で事故を起こした人の中には、パニックになってしまいそのまま逃走する人がいます。
しかし、これは法律に違反する行為であり罰則が重たくなります。
自分の不注意で車に接触したり、歩行者をひいてしまうとパニック状態になりやすいですが、相手方の安否を確認して救急車や警察にすぐに連絡するようにします。
このように適切な対応をする事によって、人の命を救えたり、自分に対する罰則が大きくならないように出来ます。
逃走すると、罰則が大きくなり自分の人生に大きな悪影響を及ぼします。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

また、事故を起こした時は警察から事情聴取されるので、事故の状況などを頭の中で整理して警察に上手く話せるようにしておきます。
自分の不注意で事故が起きたのか、自分は安全運転していたけどいきなり横から車が接触してきたというように少しでも事故状況を説明出来ると警察の捜査に役に立ち、早く事故が解決する事が出来ます。

Page Top